2018年3月1日木曜日

SANSUI AU-α707L Extraのメンテナンス (2) 半固定抵抗交換

前回に続いてSANSUI AU-α707L Extraのメンテナンス。

このアンプでは、DCオフセットとバイアス電流の調整用にいくつかの半固定抵抗が使われています。これは劣化しやすい部品なので、一応交換しておきました。

前回と同じくプリアンプ基板は無視して、パワーアンプ基板上の4つ(1chあたり)の半固定抵抗を取りかえます。1kΩが2つ、100Ωと500Ωが1つずつで全て側面調整式のものです。
1kΩはTOCOSのGF063、100Ωと500ΩはコパルのRJ-6Xを使いました。
ここで注意しておくべきはピン配置。1kΩのものはスライダーピンが後ろ、100Ωと500Ωのものは前(調整面側)です。

適当に交換するだけだとDCオフセットやバイアス電流がとんでもなく狂ってしまうので、外した半固定抵抗の抵抗値を測定し、新しいものを大体それに合わせてから取り付けました。

↑半固定抵抗交換後の基板

これでますます安心です。次回はリレーの交換



※工作は自己責任でおこなってください。本記事を参考にしたことにより発生した不利益・損失について、筆者は一切の責任を負いません。

0 件のコメント:

コメントを投稿